ねこあんぼん 危ない

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP







危ない


よく耳にするTPP。

最近、甘利明経済財政・再生相が「(聖域なき関税撤廃という)かたくなな前提条件が変わる可能性はある。ゼロではないと思っている」と発言されました。

TPPと同じ性質の「米韓自由貿易協定(FTA)」では、「コメ」については関税を撤廃しないといった例外項目がもうけられたそうです。
が、「唯一自由化を逃れたコメについては、米国最大のコメの産地であるアーカンソー州選出のクロフォード議員が不満を表明している。カーク通商代表も、今後、韓国のコメ市場をこじ開ける努力をし、また今後の通商交渉では例外品目は設けないと応えている。」とあります。
「米国丸儲けの米韓FTAからなぜ日本は学ばないのか 「TPP亡国論」著者が最後の警告!」
http://diamond.jp/articles/-/14540

「前提条件が変わる可能性はある」といった無責任な言葉で安心させて、結局あとから米国の思惑通りに規制を緩和されてしまうことにつながっていくんじゃないかと思われます。


TPPの中にはラチェット規定という、一度制度を変えてしまったらもう元には戻せない規定がもりこまれてます。
要は、いったん規制緩和をしてしまったら、あとから「緩和しすぎた」と思っても後の祭り。規制を強化することができず、手のうちようがないってことです。


では、TPPによるメリットとデメリットを考えてみようと思います。
<<メリット>>
●参加国間での関税がなくなるため、日本にとってはこれまでより輸出がしやすくなる。

●輸入品が安くなる。

●輸出入に必要となる通関(税関)の手続きをスムーズにする。

●外国政府が、自国で活動する外国企業を、自国の企業よりも不利に扱うことを禁止。

<<デメリット>>
●外国からの安価な農産物・畜産物が流れ込むので農家・畜産が大打撃をうける。外国に食料を依存すると、外国での価格の高騰や貿易戦略などにより食料の調達が困難になる。

●日本がコメを輸入することで海外の貧しい地域ではコメが買えなくなり、食糧難となる可能性がある。また、輸出するために農地を拡大し、それが森林伐採などの環境破壊につながる。

●原発の影響で日本の農産物は外国が輸入制限しているため、輸出量が少なくメリットが無い。

●残留農薬の基準引き下げ、収穫後の農薬使用、遺伝子組み換え作物の輸入拡大、など、今まで日本が独自に守ってきた規制が緩和され、食の安全が危ぶまれる。

●アメリカが現在かけている関税は、自動車2.5%、家電製品が5%程度と高くないため、関税を撤廃されたからといって日本にとってはメリットが無い。

国民皆保険制度が崩壊。営利企業が医療に参入、保険外医療を行なえるようになり、医療費が高騰する可能性あり。

●「日本語で合格した場合」のみ有効だった看護師・介護士の資格試験が英語で受けれるようになる。
海外からの受け入れが増え、看護師・介護士の雇用条件が悪化するおそれ。

郵便貯金・簡易保険を開放させられ、運用において海外に牛耳られる。

●公共事業に外国企業が参入することができ、人件費などが安価な外国企業にとの競争が起こる。中小企業が雇用の悪化につながる。
ノート、鉛筆などの備品であっても、すべて英語で発注書を作成し海外企業が入札を出来るようにしなければならない。

●企業の海外移転により空洞化がますます加速。失業率UP

●マスメディアの外資規制が撤廃。マスコミの株式を外国が自由に持てることになる。

●藤村官房長官「一般論としては外交交渉だから離脱はできる」としながらも、「日米関係は重要だ」と指摘し、実際は困難だとの認識を示した。

●今から参加したところで、すでに決定した事項については口出しできない
ニュージーランド外交貿易省のマーク・シンクレアTPP首席交渉官は
「TPPが将来のアジア太平洋の通商統合に向けた基盤である。もし、当初のTPP交渉8カ国でゴールド・スタンダード(絶対標準)に合意できれば、日本、韓国その他の国を押しつぶすことができる。それが長期的な目標だ」と語った。

また、アメリカのウィーゼル首席交渉官は
「プロセスはすでに進んでいるので、(TPPへの参加を希望している)日本やカナダ、メキシコが条文の交渉に参加することは許されない。3カ国は条文を提案することも、変更することも、自らの見解を反映させることも認められないであろう」と語っている。




日本がTPPに参加しないと世界から取り残されると報道されることがありますが、日本はすでにさまざまな国との自由貿易協定(FTA)・経済連携協定(EPA)を結んでいるのでそんなことは無いと思われます。

テレビでは農業面しか話題に出さないTPPですが、生活の様々な分野に関係してくるようです。
メリット、デメリットをしっかり考えないと参加を表明してしまってからでは遅いと言うことですね;



参考文献
http://focus.allabout.co.jp/gm/gc/386985/もう待ったなし!よくわかるTPP参加問題)
http://www.think-tpp.jp/考えてみよう!TPPのこと)
http://kakiokosi.com/2011/10/%EF%BD%94%EF%BD%90%EF%BD%90%E3%81%A7%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AF%E9%83%B5%E8%B2%AF%E3%83%BB%E7%B0%A1%E4%BF%9D%E3%81%AE%E8%B3%87%E7%94%A3%E3%82%92%E7%84%A1%E5%B7%AE%E5%88%A5%E9%96%8B%E6%94%BE%E3%81%95/TPPで日本は郵貯・簡保の資産を無差別開放させられる)


2013/02/04 18:08 | BONのコゴトCOMMENT(1)TRACKBACK(0)  TOP







コメント

ブラック企業は卒業です

xJ5kgd62
ブラック企業で必死こいて働いてたのがバカらしい
ハロワ通うより生活保護もらうより、
こっちの方が楽で稼げるわwww
http://629f8M2X.hellowark.info/629f8M2X/

No:617 2013/02/09 07:42 | 元ブラック社員 #mb395ffs URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。