ねこあんぼん 2013年01月

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP







開墾5


開墾、順調に進んでおります。


畑の一番奥に生えていた笹。
1301243m超の笹、刈り倒したところ
草刈機で刈り倒し、邪魔になるから笹を移動。

笹も貴重な資材。

畝が出来たら畑に使うので燃やしたりはしないんです。


さて、とりあえず畑の中心あたりに生えている木の手前まで、表土も剥がし終えました~。
130124表土はがし終了
袋もないので、木より奥は表土を取らずにやってみることにしました。

これで表土を取ったところとの違いがわかるし、もし差が出なかったら他のところを開墾する際に表土をとる手間が省ける!!ってことでwww



表土を剥がし終えた後は、笹の根っこを掘り起こすために、トラクターで耕運。
130125笹だったゾーン3
手押しの耕運機(管理機)でやったときは根にはねかえされて全然掘れなかったところが、あれよあれよと言う間に耕されていく。

猪が掘って大きな穴が空いてるところや、頑丈なカヤの株なんて一瞬で滑らかに。

ただの荒地だったところが、あっという間に畑に変わってゆきました。




機械って素敵だな~。


耕された後。
SH3K11350001.jpg
綺麗な畑になりました。

トラクターがやったんだけど、いままでで一番頑張った気分だ☆

スポンサーサイト


2013/01/30 16:33 | 炭素循環に挑戦COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP







開墾4


今、開墾していってる畑。

当初の予定では一畝ずつ作っていく予定だったので、畝と溝を掘るぶんのスペースをあけて表土を横のほうに山積みしていってたんですが、

近所の方がユンボで溝を掘ってくれることになったので、急遽予定変更!!

畑の中に山を作ってる場合じゃなくなった。


とりあえず、急いで表土を剥がさないといけなくなりました。
130123_1614~01
今まで、15~20cmほどを表土にしてたんだけど、そんなに置いておく場所も時間もないので、資材がたっぷり乗ってる表面5cmくらいを「表土」と命名しましたw

表土は、場所と畝に戻す時の作業効率を考えて土嚢袋に詰め込んでおくことに。
SH3K10380001.jpg
土より資材の方が多い袋もあったりするんだけど、まぁいいか♪


手作業で一反ちょっと(あるらしい)は大変;

だけど、イノシシが掘り返して深く窪んだところに落ち葉がたまっていて、それが腐葉土になって土が黒くなっている部分があったり、
SH3K10330001.jpg
カヤの株の根元は土の色が綺麗で柔らかく糸状菌がたくさん住んでるところがあったりと、

手作業だからわかることもあったりするんで、なかなか楽しい☆


っと強がりを言ってみる。だって、地味でものすごくしんどいんだもん

SH3K10370001.jpg
あとは、畑中にあるこの笹の根っこをなんとかせねばなりませぬ(T△T)

はぁー、竹って厄介。


2013/01/25 23:07 | 炭素循環に挑戦COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP







開墾3


大雪が降った翌日。

開墾途中の畑に行ってみると
SH3K09740001.jpg
プールが出来上がってました・・・。

菌の飼育者として最低だぁ(T△T)


このままでは糸状菌が死んでしまうので、急いで水を抜くことに。

畦を崩して溝を掘ったら、小川のように水が凄い勢いで流れ出しました。
よかった~。
SH3K09780001.jpg
いちお、念のために2本掘っておいたのでひとまず安心。


でも、こんな状態じゃあ開墾作業できないので、今までつついてた畑に晩ごはん用の大根を収穫しに行くことにしました。

でかいのは近所の人にあげちゃったんでそんな大きいのはないだろうな、と思ってたんだけど、掘ってみるとなかなかのサイズでしたv
SH3K10030001.jpg
白いの・・・・・大蔵大根
赤っぽいの・・・・・不明(忘れた)

以前、大蔵大根を掘った時は短くて形が悪かったんだけど、今回はイイ長さですらっとしてる♪

赤っぽいのは品種がわかんないけど短い。
けど、サラダにしたら瑞々しくて甘くて、大根特有の青臭さがなくて凄く美味しかったですよ☆

一般的に売られてる青首大根を植えてないから、この種類の大根がこういう特徴なのか、たんじゅん農法転換中の成果が現れてきだしたのか、なんともいえないところが残念。

春に青首うえてみようかな~。


そうそう、おくればせながら2匹からごあいさつ。
SH3K10220001.jpg
お嬢「本年もよろしくおねがいしますっ。」最近私の出番が少ないじゃないのよ-3

SH3K10240001.jpg
ブー「あー、腹減った・・・・・。」


2013/01/21 18:36 | 炭素循環に挑戦COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP







開墾2


あけましておめでとうございます。

本年もよろしくおねがいします。



年末はお節に追われて慌ただしくしとりました。
まぁ、ほとんど詰めるだけでしたがwww


さて、年が明け本格的に休耕田の開墾にとりかかりだしました。

とりあえずは、雑草を刈り倒す作業の続き。
SH3K09350001.jpg
簡単に考えていたんだけど、想像以上に笹が生えてきていて大変。

芝刈り機で頑張ってはみたものの、成長した笹はどうにもならず・・・・・

親に頼んで草刈機を振り回して刈ってもらうことに。



ということで、草は親任せで、私はさっそく表土を剥がす作業にとりかかることにしました。

が、

さすが、笹が生えているほどの荒地。
掘ろうにも
SH3K09620001.jpg
笹の根が地中に張り巡らされてる・・・・・(T△T)あぁ・・・


管理機で耕してみたものの、根がしぶとくて全然掘れない。

何往復か耕してみた後、諦めてクワに持ち替えて掘ることにしました。




掘っていて気づいたんだけど、
SH3K09660001.jpg
土がふかふかな部分があって、

握ると
SH3K09700001.jpg
簡単に固まる。

だけど
SH3K09710001.jpg
指で触ると簡単にホロホロ(?)になって崩れるところがある。


その場所には糸状菌が見られるので、
こういう土になれば住みやすいってことなんだろうか、と思ったり思わなかったり。


そんな発見もしつつ、
SH3K09630001.jpg
汗ダラダラで表土をわきによせました。

いやー、これマジで重労働。

とりあえず、畑全体の手前側1/3を耕運、その1/3の表土をのけきりました。


ってまだまだじゃん。

当初の予定では、表土として5cm程度をのけるつもりだったんだけど、
笹の根が15~20cmくらい下まで潜ってるから、そこまでを表土としてのけてるのが間違いなんだと思うんですがね。

うーーーん、これからどうしていこうかな~。


2013/01/15 00:21 | 炭素循環に挑戦COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP







 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。